中古車買取の極意を徹底解説!

>

眠っている中古車をより高く売るためのポイント

走行距離が長くなるほど故障しやすい!

走行距離が長い車ほど中古車市場での価値が下がってしまうのは、単純な理由としては、「長く乗られているほど故障しやすい」と考えられるからです。
一般的な感覚と照らし合わせてみてもわかりやすいかもしれませんが、どんな車でも乗りつぶしていけばどこかに不具合が生じるものであり、修理できるものもあれば半永久的に修復不可能になってしまうものもあります。
中古車の下取りにおいて重視されるのはエンジンの状態です。
エンジンは車の要であり、エンジンに異常が起きてしまうと車そのものを動かすことができなくなってしまいます。
エンジンとともにチェックされるのはバッテリーであり、言い換えれば、エンジンとバッテリーさえ最低限の機能を保っているかぎり中古車としての需要がある、ということになります。

愛車の走行距離と下取り価格を調べる方法

下取り価格の走行距離の関係はわかっていても、普段から愛車の走行距離をこまめにチェックしている人は少ないものです。
「知らないうちに走行距離が30000kmを超えていた!」ということになると、せっかく高く売れるはずの愛車の下取り価格が大きく下がってしまう、ということにもなりかねませんので、定期的に走行距離をチェックしておく必要があります。
走行距離そのものはワンタッチで簡単にチェックすることができますが、走行距離だけを把握したところで、現時点での下取り価格が具体的にわかるわけではありません。
ウェブサイトから愛車の車種と年式、走行距離を入力すればその時点での下取り価格が表示されるサービスがありますので、愛車の下取りを近々検討している方にはおすすめです。


この記事をシェアする
▲ PageTop