中古車買取の極意を徹底解説!

中古車の売買で気になる走行距離と値段の関係

中古車の走行距離が重視される理由

走行距離が長くなるほど中古車の下取り価格が下がっていくことは、車にあまり詳しくない方でも何となくイメージできるかと思われます。
「愛車を少しでも高く売りたい!」という方にとって中古車の走行距離と下取り価格の関係はぜひとも知りたい問題ではないでしょうか。
ただ、中古車の下取り価格は必ずしも走行距離のみで決まるわけではなく、車種や年式、エンジンその他の使用状態など、トータル的な要素を加味したうえで最終的な市場価値が算出されます。
つまり、「走行距離が長いから高く売れない」、「まだそれほど乗っていないから高く買い取ってもらえる」などとシンプルに言えるものではなく、個々の車の状態をひとつひとつチェックしたうえで、「いま売りに出すべきか」というタイミングを判断することになります。
中古車の下取りに出す場合、売る側として気になるのは走行距離以上に車種ではないでしょうか。
もちろん、ベースの価格が高い高級車ほどその分下取り価格が底上げされることになりますが、一方で機能性の高い車種も中古車市場では一定の需要があり、たとえ走行距離が30000kmを超えていたとしても安定した下取り価格がつけられることも少なくはありません。
このサイトでは、中古車の下取り価格と走行距離の具体的な関係について解説し、また、走行距離以外で中古車の下取り価格を左右する要素についても詳しく解説していきます。
「長年愛用した車を少しでも高く売りたい!」という方はぜひとも御参考になさってください。

▲ PageTop